セルフトークは〇〇が大事!ジョジョ界の偉大な兄貴の名言から学べ!!

Mentor Startup Mentorship Advice  - Tumisu / Pixabay 漫画から学ぶセルフコーチングのコツ
Tumisu / Pixabay
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、ほうりです。

突然ですが私は、ジョジョの奇妙な冒険が好きです。

ジョジョには様々な名言を持つキャラクターが登場していて、ジョジョの名前を知らなくても『あっ!この名言聞いたことがある!!』という人は結構います。

かくいう私もその中の一人でした。

そんなジョジョ界において、ジョジョの三大兄貴と呼ばれるキャラの一人・第五部に登場するプロシュート兄貴の名言は有名ではないでしょうか?

「ブッ殺す」と心の中で思ったならッ!

その時スデに行動は終わっているんだッ

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より

このセリフにシビれて憧れる老若男女は後を絶ちません。しかもルックスもイケメンです。

プロシュート兄貴を代表するこのセリフ、実はセルフコーチングを行う上でめちゃくちゃ使える名言なのです。

というわけでさっそく本題に入っていきます。

セルフトークは敵にも味方にもなりえる

Sunset Cloud Woman Face Direction  - geralt / Pixabay
geralt / Pixabay

その前に、セルフトークについて軽くおさらいしていきます。

マインドセットをセルフコーチングしていく上でカギを握っているのは、セルフトークです。

セルフトークは1日に4万~6万回発せられると言われています。

口に出す独り言だけではなく、心の中で思ったこと、無意識のうちに考えたことも含めてですが、その量は決して少なくはありません。

一日にそれだけの量のセルフトークが発生しているのなら、その大部分が自分を卑下するものばかりだとどうなるのでしょうか?

自己肯定感は低く、ネガティブな感情に始終支配されたままで、人生に未来も希望も見いだせない状態に陥りやすくなります。

脳は良いも悪いも関係なく、リアリティがある方へホメオスタシス(恒常性維持機能)が働きます。

そのことを知ってか知らずか、プロシュート兄貴は自身の弟分であるペッシがネガティブな自己評価を下した際は、こんな言葉を彼にかけています。

オレはオメーを信じているんだ

オレがさっきお前を怒ったことなら「自信を持て」

「自信」を持っていいんだぜ!オメーの能力をよォー

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より

この兄貴の言葉によりペッシは、物語のキーアイテムである亀を発見し、大いなる成長を遂げることになりますが、この辺は次回で語るので割愛します。

つまり兄貴はペッシの「勘が悪い」「期待しないでくれ」というセルフトークによって彼自身の才能を埋もれさせないように、グッドタイミングでフォローしました。

n巡した世界軸では、スパルタながらも腕のいいプロコーチとして名を馳せているに違いないくらい、兄貴のコーチングスキルはすごいと思います。

実際に兄貴にコーチングの手ほどきをしてほしいですが、兄貴は現実にはいませんし、いたとしてもペッシに掛かりっきりだと思います。

なので現実世界を生きる我々は、プロシュート兄貴のスキルを自分の物にするしかありません。

ゴール設定に向かない意外なセルフトーク

そもそもゴールを設定する時に使うセルフトークって「〇〇したい」「○○が欲しい」という言葉を使っていたりしませんか?

実はこれ、ゴール達成とは程遠いセルフトークなんです。

仮に「お金が欲しい」というゴール設定を立てたとします。

すると脳は

脳

お金が欲しい

脳

ん?今はお金が無いってことだよね?

脳

お金が無いのが自分のコンフォートゾーンなんだから変わらなくてもいいじゃね?

という、ぶっ飛んだ解釈をしやがります。

私

心の底から巨大なお世話です

なぜこんなことになるのかというと、脳は良いも悪いも関係なく、リアリティのある方になびきやすい性質です。

加えて、ホメオスタシス(恒常性維持機能)を働かせ、コンフォートゾーン(自分が慣れ親しんだ現状であり居心地のいい空間)からの脱却を阻みます。

つまり

  • (現在お金がないから)お金が欲しい
  • (現在デブだから)痩せたい
  • (現在しがらみだらけで不自由な生活を強いられているから)自由に生きたい

といった風に、変えたいけれど慣れ親しんだ現状を肯定し脱却させまいと働いてしまいます。

ちなみに「〇〇できる」も同様に、「現在〇〇できていない」ことを肯定させ、「ならそれが自分のコンフォートゾーンなんだし、変わらなくていいよ」というように無意識が判断を下しますので、お勧めできません。

じゃあどんなセルフトークが良いのか。

それがプロシュート兄貴を代表する名台詞『ブッ殺すと思った時、既に行動は終わっているっ!』になるわけです。

ゴールにリアリティを持たせ妄想で終わらせないセルフトーク

ゴールを達成するために積極的に使っていきたいセルフトークは、ずばり「現在進行形」です。

先ほど、脳は無意識のうちに「〇〇したい」「〇〇できる」というセルフトークの裏にある現状をコンフォートゾーンだと勝手に解釈するのだと書きました。

しかし逆を言えば「〇〇している」という現在進行形のセルフトークにリアリティを持たせれば持たせるほど、今起こっている現状に脳は「あれれ~?おっかしいぞー?」と違和感を覚えます。

脳

今お金に困らない生活をしているのに、どうしてお金に困っているのかなー?

脳

今体重も50㎏台で、着たい服を好きなようにおしゃれに着こなしてハッピーな生活をしているはずなのに、どうして冴えないデブのままなのかなー?

脳

今どこに行くのも何をするのも自由な生活を送っているのに、どうしてしがらみだらけの中で生きているのかなー?

等、ゴール側の自分と現状との間にギャップを生み出します。

するとどうなるか。

生み出されたギャップを埋めようとするモチベーションが働き、現在進行形でゴールを達成している自分の方に戻っていくことになります。

プロシュート兄貴の名台詞はまさに、ゴールを達成するのに欠かせない現在進行形のセルフトークになります。

私

お金が欲しいと思ったのならっ、その時既に食うに困らないだけのお金は手元にあるんだっ!

私

痩せたいと思ったのならっ、その時既に痩せておしゃれな自分になっているんだっ!

私

自由に生きたいと思ったのならっ、その時既に金も行動も縛られない世界で生きているんだっ!

こんな風に、プロシュート兄貴の台詞をそのまま、達成しているゴールに相応しいセルフトークに置き換えてしまえばいいのです。

時には挫けてしまいそうなこともある。そんな時もプロシュート兄貴の名言で乗り切れる!

目まぐるしく生きている中、マインドセットのためのセルフコーチングを知ったのはつい最近のこと。

それまで馴染みのなかったセルフトークを、延々と繰り返して行うのは確かに難しいです。

時には疲れ果ててしまい、

「どうせ自分なんかお金持ちになれない」
「やっぱり私なんか痩せられるはずがない」
「自由になりたいなんて無理なんだ」

というネガティブなセルフトークも出てきてしまいます。

そんな時も、プロシュート兄貴がペッシに向かって言った名言を自分自身にかけるようにします。

私は私を信じているんだっ!

さっき思ったことは私らしくないし、自信を持っていいっ!

もっと自信を持っていいんだ、私は出来る子なんだから

若干無理やりに型にはめた感がありますが、概ねこんな感じのセルフトークでOKです。

人類の歴史上、脳は危機的状況を回避するためにネガティブなセルフトークの方が湧き出やすい仕組みになっています。

そのためふとした瞬間にネガティブなセルフトークが出てくるのはある意味仕方が無いのです。

ですがそこで大事なのは、ネガティブなセルフトークをほったらかしにしてしまうと、脳が「やっぱりこの状況から抜け出さない方が良い」と判断してしまいます。

なので、そうしたネガティブなセルフトークが出てきたら「私らしくないじゃあないか」「もっと自信を持っていいんだぜ!私の能力をよォー」と肯定する(アファメーション)ことが大切です。

更に強くモチベーションを生みだす、もう一つの兄貴の名言

さらにプロシュート兄貴にはこんな隠された名言もあります。

『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より

弟分のペッシが、先に討たれたホルマジオとイルーゾォの敵を討つべく、しきりに敵を倒すのだという言葉を咎めたシーン。

これもまた、セルフコーチング的に考えると、”敵を倒せていない自分”を頑なに脳に肯定させてしまうことになります。

この名言の前には以下の台詞が入ります。

「ブッ殺す」…

そんな言葉は使う必要がねーんだ

なぜならオレやオレの仲間はその言葉を頭の中に思い浮かべた時には!

実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだッ!

だから使った事がねェーーーッ

集英社文庫『ジョジョの奇妙な冒険』33巻より

現状の外側の自分に臨場感を持たせるには、まさに兄貴の言う通りなのです。

ゴール側の自分はやりたいことをやって、人に気兼ねすることなく好きなことを行い、身も心も懐も満足している世界で生きています。

その世界からすれば、お金に困らない生活をしていることも、痩せて着たい服を着こなしていることも、自由自在に生きていることも叶えられているのです。

そんな何もかもを叶えている自分が「お金に不自由している」「デブで着る服が無い」「親や友人関係がとにかくツライ」という言葉自体出てくるはずがありません。

どうしても現在進行形にするコツがつかめない場合は、実際にゴールを達成しちまっている自分を思い浮かべて、こういうセルフトークにしましょう。

私

痩せたっ!

私

おしゃれになって垢ぬけたっ!

私

お金に不自由しなくなったっ!

私

自由になってやりたいことをやったっ!

言い切ることでかえってゴールを達成した自分を強くイメージできますし、その分現状とのギャップを埋めるモチベーションが働きやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

世の中は、漫画やアニメのようにすんなりと上手くいかないことが殆どです。

だからこそ、憧れのアニメや漫画キャラの名言を上手くセルフトークに落とし込んで、自分の理想の人生を歩んでいきたいものですね。

プロシュート兄貴は確かにペッシに厳しいですが、彼自身を否定することなく、彼の才能を認めて、彼を肯定し続けていました。

そんなプロシュート兄貴推しのあなたは、彼の名言を心で理解し、少しでもゴールを達成した自分に一歩でも近づいてみましょう。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 15 偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その(1)【動画配信】

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 Episodio 16 偉大なる死(ザ・グレイトフル・デッド)その(2)【動画配信】

【成長性A】セルフコーチングの理解度を圧倒的に高める、ジョジョ界のマンモーニの超有名な名言とは!?
私の推しの5部に出てくる暗殺チームのマンモーニことペッシと絡めて、セルフコーチングと理解について考えていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました